感謝感謝です!エクスマの舞台に立って1

こんにちはー篠木です。

6/29は私の人生の一大事。
エクスマセミナーの札幌講演でした。
私はここで初めて舞台に立ちました。

この日までに、本当に沢山の人にお世話になり
感謝を覚えたことはありません。

なので、小分けして書いていきますね。

ゲスト講師は私を入れて3人。いずれも女性、エクスマ塾の同期です。

さおりんこと、白藤沙織さんはHPや印刷物を作ってくれる会社の取締役。実は私のこのブログも白藤さんが作ってくれてます。

さおりんとは、一緒に講座に参加する中で、悩みや思いを共有してきました。
通った道中が2人の勉強の場だったと思います。
会社と自分の体が大変なのに、「ちくしょー!」って思いながらも歯を食いしばって前進し続けたさおりん。尊敬しています。

もう1人はゆかりんこと菅野ゆかりさん。言葉を整えて人生を豊かにしていくマインドデザイン協会の理事長です。

自分自身を見極めるために、セミナーに通い詰めて吸収し続けたゆかりん。時には一人で踏ん張らなきゃいけないこともあって、心細かったかもしれない。そんな努力をおくびにも出さず優しい笑顔と声で講演したゆかりんは圧巻でした!

この2人とは2年前のエクスマ65期からの付き合いで、ツーカー。なので本番までお互いに励まし合ったり衣装チェックしあったり、、笑

本番直前も3人でパシャリ。
真ん中の白いドレスが白藤さん。右のピンクのドレスが菅野さんです。
(笑顔だけど内心心臓が飛び出すくらいドキドキだった❣️)

講演の順番は、なんと私がトップ!もう〜気が気じゃなかったよ(^◇^;)


舞台袖でスタンバイ。笑ってるけど実は手汗を何回も拭いてたf^_^;

藤村先生のお話が終わっていざ立つ!


自分の人生の棚卸しと、SNSを通した仕事の模索をお話しさせていただきました。

エクスマ塾には、講演のためのコース「エヴァンジェリスト」があって
(エヴァンジェリストは「伝道師」という意味ね)
私は、藤村先生が主催するセミナーで舞台に立ちたくて
このコースに入門したんです。

でもね、この中では劣等生だった。

一生懸命話しても、スライドを変えても
オッケーにはなかなかならず。
塾中に泣いたことも何度もあります。
(元々泣き虫なんで、周りにも迷惑かけました)

16期のメンバーと塾中に様々なやりとりをし
メンバーの実際の発表を聞いていく中で
自分が足りないものはなんだったのかが
なんとなくわかってきた、、そんな感じでした。

講演でもお話しさせていただきましたが
「私を認めて欲しい」話は、
誰の役にも立たないんです。

「私ってすごいでしょ〜」話は滑稽ですらある。

それに気づかせてくれた藤村先生、
サポート講師の皆さん、そしてエヴァ16期の仲間たち。
本当にありがとうございました。

誰かと比べてどうではなく、
誰かに認めてもらうかどうかでもなく、
自分のやりたいこと、好きなこと、できることで
どれだけ、お客様のしあわせのお手伝いができるか。
それをどう続けていくか、突き詰めていくのかを
教えてもらった半年間だったと思います。


このスライドがとっても心に残りました。

みなさま、本当にありがとうございました!
続きは次号で〜^^

 この記事の投稿者

篠木麻希

23年間の小学校教員時代、毎日忙しすぎて、頭の中がパニック! そんな状態から抜け出したくて、編み出したのがしあわせフセン術。 現在は某大学で教えながら、フセン塾の活動をしています。 好きなこと: 旅行(国内、海外)、美術館巡り、文房具、バイク、和風のもの。 好きな食べ物: お好み焼き、焼きそば(関西出身ですから〜) 出身:奈良県奈良市 今の住所:北海道釧路市 家族:夫と2人の息子(22歳と10歳)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0 follow us in feedly

メッセージ

入力エリアすべてが必須項目です。
メールアドレスが公開されることはありません。

*コメント

*名前

しあわせフセン塾の個人情報保護方針はこちらから

ページ最上部へ