免疫力を上げるには②

免疫力を下げる要因は、ストレス。
ストレスフルな時は、不安を考えるとどんどん雪だるま式に不安が増えていくもの。

だから不謹慎かもしれないけど、視点を変えて

だから、よくなった!

って思ってみよう。
下向きの気持ちが切り替わったら、心も体も元気になっていくよ。

 

こんばんは。フセン心理士篠木です。
新型コロナ肺炎で、世の中に不安感が蔓延しているね。

不安じゃないよ。不安感。
はっきりとした原因や治療法、いつ収束するかが全く読めないから
不安の「気持ち」が増大しているのね。

そんな不安感を少しでも和らげるための一つの方法。
それは、「いいこともあった」と思うこと。

これは、嫌なことやピンチになったときに使える心理的ワザ。
悪くなったと思う事態に、ラッキーなことを見つけることで
煮詰まった視点を切り替えできるし、次に進むエネルギーが出てくるのね。

そんな風に思えない?

そんなこと、思えないよーーー!って思うかもしれないね。
じゃあ、具体的に考えてみよう。

外出ができなくなった→家族との時間が増えた

学校に行けない→自宅で体をゆっくり休めることができた

集団で集まることができない→テレワークなど、新しい働き方が急速に発展している

イベントが中止、延期になった→これを機会に内容を見直す、またさらにクオリティを上げられる

ね?そんな風に考えると少し明るい視点が手に入るでしょう。

もちろん、楽観的すぎるとの批判もあるかと思う。
ここで言いたいのは、悲観ばっかり、不安不満ばかりを言ってたって
全然先に進まないってことね。

相手は自然なんだから、解決に時間がかかるなら
今、この状況の中でどうしたら人が元気に毎日過ごせるかってことなんだ。
そのための1つの方法だと思ってもらえたら嬉しいな。

しあわせフセン塾

不安な中に良くなったことを探してみよう。視点が変わるよ

 この記事の投稿者

篠木麻希

23年間の小学校教員時代、毎日忙しすぎて、頭の中がパニック! そんな状態から抜け出したくて、編み出したのがしあわせフセン術。 現在は某大学で教えながら、フセン塾の活動をしています。 好きなこと: 旅行(国内、海外)、美術館巡り、文房具、バイク、和風のもの。 好きな食べ物: お好み焼き、焼きそば(関西出身ですから〜) 出身:奈良県奈良市 今の住所:北海道釧路市 家族:夫と2人の息子(22歳と10歳)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0 follow us in feedly

メッセージ

入力エリアすべてが必須項目です。
メールアドレスが公開されることはありません。

*コメント

*名前

しあわせフセン塾の個人情報保護方針はこちらから

ページ最上部へ