心がすり減った時に、簡単にしあわせになる方法

がんばるあなたに

楽しかった頃に味わった味や音楽に触れてみよう。
その時の感覚が蘇ってくるよ。

こんばんは。フセン心理士、篠木です。

昨日の日曜日に家族で映画に行ったことはお話したのだけど、
お昼にかかったんで、昼食をとったのね。
映画館が入っているショッピングモールのどのレストランにするか迷ったんだけど
夫が「王将にしよう」って言って。

行ってきました!王将に。^^

醤油ラーメンセットと炒飯定食と八宝菜とゴマ団子を頼みました^^

釧路に王将ができたのはもっと前だったんだけど、なかなかいく機会がなかったのね。

いざ行ってみたら、盛り上がる!

メニューを見たら、なんか楽しくなってきて。
懐かしの餃子、唐揚げ、炒飯、天津飯、、、。
学生の頃よく食べたな〜ってなって。

「ねえねえ炒飯って昔300円じゃなかったっけ?」とか
「あの頃、天津飯が好きだったんだよね〜」とか
夫と2人で盛り上がったの。

私と夫は関西で出会ってるんで、お付き合いしてた頃よく王将に行った。
お値段優しかったし、気取らずいけたしね。
阪奈道路にあるお店は、厨房がよく見えたんで、餃子や他のお料理を作るのを見てるのも楽しくて。
そんなことを思い出したの。

なんかね、普通に中華食べるより、盛り上がったな。

ちょっと減ってるけど八宝菜。おいしかったよ^^

楽しかった気持ちを思い出すものを

こんな風に、バカしてた頃や楽しかった頃に触れていた味や音楽や風景は、人の心をその頃に戻す作用がある。

お袋の味がいつまでも好きなのは、その時の愛情を受けてた嬉しさとくっつくから。
学生時代に聴いていた曲を聴くと胸がキュンとなるのは、甘酸っぱい思いを思い出すから。

私たちはこの後「妖怪学園」っていう映画を見たんだけど、エンディング曲がピンクレディーだった。
なんか良かったなあ〜^^

年末近くてますます忙しくなる毎日。
心も体もすり減ることが多いかも。

そんな時は、楽しかった頃に触れていたものを再体験してみよう。
音楽でも、味でも、匂いでもいい。
昔見ていたアニメや音楽も、youtubeにあるかもしれないね。

それに触れたら、きっと心があったかくなるよ。^^

息子にも、数十年後、この味が思い出になるのかな。

 この記事の投稿者

篠木麻希

23年間の小学校教員時代、毎日忙しすぎて、頭の中がパニック! そんな状態から抜け出したくて、編み出したのがしあわせフセン術。 現在は某大学で教えながら、フセン塾の活動をしています。 好きなこと: 旅行(国内、海外)、美術館巡り、文房具、バイク、和風のもの。 好きな食べ物: お好み焼き、焼きそば(関西出身ですから〜) 出身:奈良県奈良市 今の住所:北海道釧路市 家族:夫と2人の息子(22歳と10歳)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0 follow us in feedly

メッセージ

入力エリアすべてが必須項目です。
メールアドレスが公開されることはありません。

*コメント

*名前

しあわせフセン塾の個人情報保護方針はこちらから

ページ最上部へ