色に自分で名前をつけてみては?

図工ネタ

色もいろいろ。

名前もいろいろ。
自分で新しい名前をつけてみては?

こんばんは!短大の美術教員、篠木です。

先日は伊豆長岡に研修で行ってまいりました。

富嶽はなぶさ旅館

富嶽はなぶさ旅館。素敵でしょ^^


新しい富嶽はなぶさ旅館は、正面玄関からまっすぐ二階に伸びる階段があって広々としてました。

で、そこには和風の色がたくさん使われてたの。


色にはその国の文化がある。

色といえば、その国独特の配色が実はある。
もちろん名前もお国柄が出るのね。

そこで、日本の色の名前について検索してみたら、こんなサイトを見つけました。

「日本の伝統色 和色辞典」より

「日本の伝統色 和色辞典」より

https://www.colordic.org/w/

 

私が最近お気に入りにしてる緑色だって

萌葱色(もえぎいろ)
花緑青(はなろくしょう)
翡翠色(ひすいいろ)
青緑(あおみどり)
水浅葱(みずあさぎ)
錆浅葱(さびあさぎ)
青碧(せいへき)
御召茶(おめしちゃ)
湊鼠(みなとねずみ)
、、、

なんてある。

「翡翠色」ってなんか素敵って思ったり、「おめしちゃ」がなんかかわいかったり笑
名前からも様々なイメージが湧くよね。

こんな風に、微妙に変わっていく色の変化を名前と共に楽しむのもいいかもね。
もしかして、ちょうどいい色名がなかったら、自分でつけたっていいじゃない。

絵の具で作り出した色に自分でネーミングしてみると、さらにその色に愛着わくと思うよ。

 この記事の投稿者

篠木麻希

23年間の小学校教員時代、毎日忙しすぎて、頭の中がパニック! そんな状態から抜け出したくて、編み出したのがしあわせフセン術。 現在は某大学で教えながら、フセン塾の活動をしています。 好きなこと: 旅行(国内、海外)、美術館巡り、文房具、バイク、和風のもの。 好きな食べ物: お好み焼き、焼きそば(関西出身ですから〜) 出身:奈良県奈良市 今の住所:北海道釧路市 家族:夫と2人の息子(22歳と10歳)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0 follow us in feedly

メッセージ

入力エリアすべてが必須項目です。
メールアドレスが公開されることはありません。

*コメント

*名前

しあわせフセン塾の個人情報保護方針はこちらから

ページ最上部へ