あなたは何をこしらえる?

図工ネタ

「こしらえる」の言葉に、作り手の思いが込められてる。
あなたは何をこしらえますか?

こんばんは!短大の美術教師、篠木です。

先日、地元は釧路芸術館で「江戸の遊び絵づくし展」をみてきました。

釧路芸術館

6月19日まで、間に合ってよかった〜(^_^;)

展覧会での作品内容は別日にお話しするとして、このブログでは気になった言葉があったんでご紹介。

「よってたかってこしらえる」

「こしらえる」って?

いや〜そういえば、「こしらえる」なんて、最近全然聞きもしないし言いもしないわって思って。
「こしらえる」って私の祖母の世代はよく言ってて、なので80代になった私の母も使う。
でも最近は全然聞かないワードだよね。

意味としては「作る」ってことなんだけど、せっかくなんで調べてみました。

こしらえる(拵える)

ある材料を用いて、形の整ったものやある機能をもったものを作り上げる。また、結果として不本意なものを作ってしまう。「弁当を―・える」「藤棚を―・える」「家を―・える」「こぶを―・える」

手を加えて、美しく見せるようにする。化粧したり衣装を整えたりして飾る。「顔を―・える」「身なりを―・える」

工夫を巡らし、ないことをあるかのように見せかける。「話を―・える」「うわべを―・える」

手を尽くして、必要なものを整える。用意する。「頭金を―・える」

友人・愛人などを作る。「女を―・える」

なだめる。とりなす。

計画する。
 →作る[用法]  (以上goo辞書より)

こうやってみると、丁寧に何かを作り出すってイメージだと感じて。
漢字の「拵える」も「手てん」に「存する(存在する)」でしょ?
つまり、手をかけて、何かの存在せしめる、作り上げていくって感じかな〜。

そう思うと、「作る」っていうよりはより丁寧な思いを込めるって感じがしたの。
(これはあくまでも私の私見なんだけど)

だから、自分の仕事も丁寧に「拵えて(こしらえて)」行きたいなあ〜って思って。

美術教師は、何かを具体的に作り出すことが多い。
あ、他の仕事も実はそうだよね。

この展覧会のコーナーは「よってたかってこしらえる」だけど、作品は実は緻密に計算されてて雑な感じはないんだよね。

面白かったなあ〜。19日までにまた行こうと思います。
よかったら行ってみてね!

釧路芸術館は、
〒085-0017 北海道釧路市幸町4丁目1−5

 この記事の投稿者

篠木麻希

23年間の小学校教員時代、毎日忙しすぎて、頭の中がパニック! そんな状態から抜け出したくて、編み出したのがしあわせフセン術。 現在は某大学で教えながら、フセン塾の活動をしています。 好きなこと: 旅行(国内、海外)、美術館巡り、文房具、バイク、和風のもの。 好きな食べ物: お好み焼き、焼きそば(関西出身ですから〜) 出身:奈良県奈良市 今の住所:北海道釧路市 家族:夫と2人の息子(22歳と10歳)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0 follow us in feedly

メッセージ

入力エリアすべてが必須項目です。
メールアドレスが公開されることはありません。

*コメント

*名前

しあわせフセン塾の個人情報保護方針はこちらから

ページ最上部へ