人口、利用者、受験生を増やしたいなら

世の中の流れは変わっていっている。
だから視点の転換が必要だよ!
これまでの考えを捨てていこう。

先日、釧路でエクスマトークライブがありました。
エクスマ(エクスペリエンス・マーケティング)とは、釧路出身の藤村先生が提唱した「体験」をうるマーケティング手法のこと。

私は公務員を辞めて独立するときに、商売のやり方を教えてもらいたくて入塾しました。
あれから4年。
今も継続して学んでいます。

え?大学の先生にはマーケティングは必要ないじゃないかって?
実はそうじゃないんです。

実はこのエクスマの手法を取り入れて、人口増を果たした地方の町があります。
北海道は比布町というところだけど、その町は町長さんが率先してエクスマを学び、そのマーケティング手法で町をもりあげている。

他にも、大学、高校、小学校の先生も学んでいるし、役場の人、図書館の人も学んでいます。
それぞれ受験者や入館者を増やしたり、仕事の課題を解決するために考え、行動しているんです。

必要なのは視点の転換

エクスペリエンス・マーケティングのすごいところは、新しい情報をどんどん提供してくれること。
経済の流れはもちろん、政治や人々の趣向などをニュースや商品などから分かりやすく伝えてくれます。
また、その量がハンパないんです。

エクスマ今回教えていただいた話題で面白いなあ〜と思ったのが「人生ゲーム」。

人生ゲーム、知ってますか?
小さい頃に遊んだ人もたくさんいるんじゃないかな。

この人生ゲーム、令和版が出たんですって。

人生ゲームのウェブサイトを見てびっくり!
「人生の価値はお金だけではない。お札のない人生ゲーム」だって!

人生は一本道の一方通行なのか?

そういえば、これまでの人生ゲームって、億万長者になるためにコマを進めるよね。
その間には職業を決めて、結婚して、家を買って、子どもを産んで、、、。
これまでいくつかの人生ゲームをしたけれど、職業に新しい仕事が入ったり時々転職したり、イベントは新しいものはあるけれど、だいたい同じ流れなのね。

最終的に出世するか、お金持ちになるか、がゴール。

でもね、今回は全く違う。
ルートはまちまちだし、ゴールはお金じゃない。(だからずっとあったお札もないんだね)

令和版の成功はインフルエンサーになること。
それはきっと、若い人(ゲームをする小学生世代のことかな?)にとって、お金や大きな家、出世にはもう価値を置いていないってことなのかもしれない。

時代が変わって、人々が求める価値は変わっている。
だから、商業の人たちだけでなく、公的機関に勤める人たちにも、その変化に合わせて視点を変えていかなければ、いつまでも人口、利用者、受験生は減り続けるってことなんだ。

視点の転換、大事だと思う。

もしこの記事を読んで興味がわいたら、6月21日に札幌でも開催されるそうなので
いってみてくださいね。

「高くても売れる」のキーワードだと気持ちにヒットしないかもだけど、「授業料が高くても入学者が増える」「遠くても足を運びたくなる」「その街に住んでみたくなる」って考えてもらえるといいかな。
ぜひ、公共機関にお勤めの人にオススメです。^^

6月21日札幌エクスマトークライブ

仲間も増えるよ〜^^

 この記事の投稿者

篠木麻希

23年間の小学校教員時代、毎日忙しすぎて、頭の中がパニック! そんな状態から抜け出したくて、編み出したのがしあわせフセン術。 現在は某大学で教えながら、フセン塾の活動をしています。 好きなこと: 旅行(国内、海外)、美術館巡り、文房具、バイク、和風のもの。 好きな食べ物: お好み焼き、焼きそば(関西出身ですから〜) 出身:奈良県奈良市 今の住所:北海道釧路市 家族:夫と2人の息子(22歳と10歳)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0 follow us in feedly

メッセージ

入力エリアすべてが必須項目です。
メールアドレスが公開されることはありません。

*コメント

*名前

しあわせフセン塾の個人情報保護方針はこちらから

ページ最上部へ