どんなに腹が立っても言ってはいけないNGワードはこれ

保育者のあなたに

その人を大切に思うなら、言葉を選ぼう!
その人の存在そのものを否定する言葉は絶対NG!
思っているより相手は傷ついているんだよ。

こんにちは!短大の図工教師で、臨床心理士の篠木です。

今朝、こんなツイートを見たの。


あーこれってあるあるだなって思って。
私も小さい頃は親や先生に言われたし、今もよく聞くよね。

勉強しないんなら、うちの子じゃありません!
そんなことするなら出ていきなさい!
そんなことする子はうちの学校の生徒じゃありません!

どう?聞いたことない?
もしくは言ったことない?

これって、危険!NGワードなんだな〜。

なぜ、この言葉を言いたくなるのか

そもそも、この言葉がどういうシチュエーションで出るのか。
それはね、自分より相手が弱い立場にある時。

例えば、親と子。
例えば先生と子ども。

親子の場合、子どもは自分一人じゃ生きていけないから、「家から出ていけ!」って言われるとどうしようもないよね。
だから、後ろがない。

学校も教室から出されるってことは、自分の所属から追い出されるってことだから、危機感もつよね。

そうやって言う側は、無意識に相手を窮地に追い込んでる。
それをしてほしくなかったら、反省して、言うことを聞け!ってメッセージね。

相手の逃げ道をなくしてるんだね。
その位直してほしい、反省してほしいって気持ちがあるんだと思う。
その位、愛情持ってるとも言えるよね。

なぜ、この言葉がNGワードなのか

そんな風に、実は愛情を持っていってる言葉なんだけど、これが実は危険なんだな。

その理由は、、

理由その①存在を否定されると、人は本当に悲しくなる

言った方はあまり大ごとに考えていないかもしれないけど、言われた側は「お前はいらない」と言われているようなもの。
かんがえてみて。自分の存在を否定されるってどう言うことか。「消えてなくなれ!」「しね!」って言葉に通じるかもしれない。
実は相手はすごく傷ついてるんだ。

理由その②さらに言うことを聞かなくなる

「そうは言っても言う側の気持ちを考えられる子なら、それが本気じゃないとわかるはず」。
そう思うかもしれないね。
でも、これも危険。

なぜかと言うと、「お母さんはそんなこと言うけど、自分を追い出すことはない。お母さんは言ってることとやることが違う。」って思うんだ。
そうすると、「そんなこと言うけど、家から追い出したりしないくせに」「口だけだよ」ってなって余計言うことを聞かなくなっちゃうんだ。

さらに言ってることとやってることが違う人を相手は信用しない。
信用してない人の言うことはさらに聞かなくなるよね。

理由その③本気にする子もいる

そんなことある?って思うかも知れないけど、本当にあります。
相手の真意を読み取ることが苦手な子は、例え話や嫌みをそのまま受け取ってしまうのね。
なので、「出ていけ!」って言われたら、本当にリュックサックにゲームを入れて出て行こうとした子が実際にいる。

他にも、先生に「出ていけ!」って言われて、本当に教室から出て行く子どもたちは結構いて、「何で出て行くんだ!」って止めると、「は?だって出ていけって言ったし」って返答もあるんだよね。

どう言う言葉かけがいいのか

じゃあ、そんなシチュエーションになった時、どう伝えればいいのか。

①相手の存在や人格を否定せず、何が悪かったかを伝える

さっきも書いたように、「出ていけ!」とか「うちにはいらない!」とかはご法度。
そして、何のことを怒っているのか、何が悪かったかを伝えるのがいい。
「怒られた!」って思うだけで頭真っ白になる子もいるから、具体的に何が悪かったかを伝えてあげて。

②怒るときは短く

長くなると説教くさくなって、結局何が言いたいか伝わらない。
子どももだんだん、聞く気失せてくるしね。

③次どうしたらいいかを考える、確認する

怒るだけ怒って終わりにしても、結局次どうしたらいいのか分からない子もいるよね。
だから、次はどうしたらいいと思うか確認して。
思いつかない子がいたら、話ししながら方向性を決めて行くといい。

④なぜそうしたかったのか、気持ちを共感するのがベター

悪いってわかっててやる子、悪いってわかってない子、いろいろだけど、「何でそうしたの?」ではなく、「何をしたかったの?」って聞いてあげるといい。

友達のおもちゃを取り上げた子に怒るだけじゃなく、「そっか、遊びたかったんだね。」と気持ちを受け止める。で、「その気持ちは悪いことじゃないけど、やり方が間違ってたね。次、遊びたくなったらどうしたらいい?」って聞いてあげることが大事。

⑤同じことを繰り返すかも知れない。粘りつよく付き合おう

とは言っても相手は子どもだから、また繰り返すかも知れない。
だから、1回言ったからわかるでしょ!じゃなく、何度も付き合う。
そうやって繰り返し伝えて行くことで、だんだん分かって行くことだと思うんだ。

子どものこと、相手のことを大事に思うなら
ぜひこのNGワードを言ってないか意識してね。

ツイッターで質問箱始めました!
このブログのこと、それ以外のことでも篠木に質問あったら書いてみてね!

 この記事の投稿者

篠木麻希

23年間の小学校教員時代、毎日忙しすぎて、頭の中がパニック! そんな状態から抜け出したくて、編み出したのがしあわせフセン術。 現在は某大学で教えながら、フセン塾の活動をしています。 好きなこと: 旅行(国内、海外)、美術館巡り、文房具、バイク、和風のもの。 好きな食べ物: お好み焼き、焼きそば(関西出身ですから〜) 出身:奈良県奈良市 今の住所:北海道釧路市 家族:夫と2人の息子(22歳と10歳)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0 follow us in feedly

メッセージ

入力エリアすべてが必須項目です。
メールアドレスが公開されることはありません。

*コメント

*名前

しあわせフセン塾の個人情報保護方針はこちらから

ページ最上部へ