できなくなったのはあの人のせい?

自分の人生は自分で運転しよう!
誰かにハンドルをにぎらせないで!

こんばんは。短大幼児教育学科の教員でスクールカウンセラーもしている篠木です。

先日、こんなツイッターを見たの。


うさぎのみみちゃん@usagitoseinoさんのツイート。

いじめられても学校を休む事なく通い続けた娘さんに、お母さんが「辛いなら休んでもいいのに」と言った時の返事がすごかった。

「休んで勉強が遅れて志望する進路につけなかったら、誰が責任取ってくれんの。誰も取ってくれないでしょ。」

あなたの人生は誰が責任持つの?

今回の話題は、いじめがどうって事じゃなく
自分が進みたい方向に行けなかった時に、それ、誰のせい?って事なんだ。

子どもの世界だけじゃなく、大人の世界だって、嫌なことは大小関わらずたくさん起こるのね。

時には怒ったり、悔しかったり、悲しかったり、寂しかったりすると思う。
立ち直れないくらい、心に傷を負うこともあるかもしれない。

でも、そのことで他のことが全然進まないとしたらどうだろう。
うさぎのみみちゃんの事例を読んで、う〜んって考えたんだ。

「あの人に嫌なことされたから学校に行けず、勉強が遅れたから志望校に入れなかった」
「休んだ時の講義内容を友達が教えてくれなかったから、レポート提出できず、単位を落とした」
「職場で同僚に理不尽なことをされたから、退職した。」

のかな?

あの人に嫌なことされて学校に通えなくなった。
でも、家で教科書を開くことは全くできないんだろうか。
授業を受けてないから、わからないところは当然出てくるよね。
じゃあ、それを電話で先生に聞くとか、家族に聞くとか勉強が少しでも進む方法を考えただろうか。

休んだ時の講義内容は分からない。
もしかしたら課題が出てて、〆切が設定されているかもしれない。
もし、友達が教えてくれなかったらどうしたらいい?
他に確認する方法は全くない?

職場で理不尽なことをされたら、それを解決するために退職する以外の方法はない?

もちろん、ストレス環境から離れるのは心の健康を保つためいい方法だと思う。
でも、勉強できない(しない)理由やレポート提出できない(しない)理由や、仕事が続かない(続けない)理由を誰かのせいにしてないかな。

嫌なことがあった時に、それ以外の自分がやりたいこと、やるべきことをその嫌なことに含んじゃうのはもったいないと思う。

だって、自分の人生なんだもの。
自分の人生の舵を、「イヤなこと」に操作させちゃいけないと思ったんだ。

そんなことを思わせてくれた、うさぎのみみちゃんのツイッターはこちら。
他にも、うーん、なるほど!って考えさせられるツイートや漫画があるんで
のぞいてみてね。

うさぎのみみちゃん@usagitoseino

 この記事の投稿者

篠木麻希

23年間の小学校教員時代、毎日忙しすぎて、頭の中がパニック! そんな状態から抜け出したくて、編み出したのがしあわせフセン術。 現在は某大学で教えながら、フセン塾の活動をしています。 好きなこと: 旅行(国内、海外)、美術館巡り、文房具、バイク、和風のもの。 好きな食べ物: お好み焼き、焼きそば(関西出身ですから〜) 出身:奈良県奈良市 今の住所:北海道釧路市 家族:夫と2人の息子(22歳と10歳)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1 follow us in feedly

メッセージ

入力エリアすべてが必須項目です。
メールアドレスが公開されることはありません。

*コメント

*名前

しあわせフセン塾の個人情報保護方針はこちらから

ページ最上部へ