奈良でうどんを食べるならここ!「びっくりうどん」サイコー!

篠木ってどんな人?

小さい頃からずっと通ってた「びっくりうどん」!
優しいお味がサイコーだよ!

こんばんは!10連休の本州旅行、目的の一つはふるさとを再体験すること。

ふるさとって言っても、自分が小さかった時やったこと、みたこと、味わったことを次男坊と一緒に体験したいってのが、今回の目的だったんだよね^^

で、前回は敦賀港からの宿として、民宿を選んだって話でした。
前回のブログ「ふるさと再体験 ①民宿」

今回は実家の奈良市のことです。

実は小さい頃から、通ってたうどん屋さんがあって。
その名も「名代 三好野 びっくりうどん」

三好野びっくりうどん

近鉄奈良駅から東向き商店街を抜けて突き当たりにあるよ

びっくりうどん

看板見たら60周年って書いてあった〜^^

この日は次男坊と入ってみた。
次男坊はきつねうどんのびっくり(うどん2玉入ると「びっくり」って言うんだよ^^)
私は炊き込みご飯を頼んだの。

びっくりうどん

甘いおあげが入ったびっくりうどんのキツネ。

びっくりうどん

メニューに「炊き込みご飯」って書いてあったけど、私が通ってた頃は「かやくご飯」って言ってたよ。

このびっくりうどんさん。小さい頃は祖母と一緒に、その後は母と一緒に通ってた。
高校に入ってからは、一人で行ったことも何回もあるのね。
なぜかと言うと、この「炊き込みご飯」、当時は「かやくご飯」って言ってたんだけど、なんと200円だったんだ〜^^
だから、高校生の私でも払えたんだよね。

メニューには観光地なせいか「炊き込みご飯」って名前が変わってたんだけど、思い切って「かやくご飯」って言ってみたの。
そしたら店員さん、「かやく、ワ〜ン」って言ってくれたんだ。
なんか、うれしかったなあ〜^^

実はこのお店、注文すると「びっくりワ〜ン」とか「きつねワ〜ン」とか、1つのことを「ワ〜ン」って言うんだよね。
その言葉もすごく懐かしくて。
こっそり、ニコニコしながら注文の言葉を聞いてたんだ。^^

60周年を迎えたびっくりうどんさん。
実は10年くらい前に、私の絵画作品を買ってくれてる。
奈良市で個展をした時に、「従業員さんの部屋に飾るから」って1枚買ってくれたの。
今もあるのかなあ〜。

何より、自分が小さい頃から通い続けた味を再体験できて、次男坊にも教えてあげられたのがうれしかったよ。
関西風の優しいお出汁のお味。
甘いおあげ。
柔らかい麺。

かやくご飯はしっかりと味が付いてて、細切りしたタクアンがいい箸休めになってて。

かなり個人的な懐かしブログなんだけど、もしこのブログで「びっくりうどんに行ってみたいなあ〜」って思ってくれたら、うれしいです。
ちなみに結構人気で並んでたりするから、お腹空き過ぎる前に行った方がいいかもね(笑)

名代 三好野 びっくりうどんさんは
〒630-8217 奈良市橋本町27
近鉄奈良駅より東向き通りつきあたり 徒歩5分
TEL 0742ー22ー5239
URL  http://bikkuriudon.com

 

びっくりうどん

この味大好き!また来ます!

 

 この記事の投稿者

篠木麻希

23年間の小学校教員時代、毎日忙しすぎて、頭の中がパニック! そんな状態から抜け出したくて、編み出したのがしあわせフセン術。 現在は某大学で教えながら、フセン塾の活動をしています。 好きなこと: 旅行(国内、海外)、美術館巡り、文房具、バイク、和風のもの。 好きな食べ物: お好み焼き、焼きそば(関西出身ですから〜) 出身:奈良県奈良市 今の住所:北海道釧路市 家族:夫と2人の息子(22歳と10歳)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0 follow us in feedly

メッセージ

入力エリアすべてが必須項目です。
メールアドレスが公開されることはありません。

*コメント

*名前

しあわせフセン塾の個人情報保護方針はこちらから

ページ最上部へ