船旅の価値は何もできないこと!

ネットもテレビもつながらない時間って実は貴重!
何もできないのって、実は贅沢なのだ〜^^

こんにちは!短大幼児教育学科で図工を教えている篠木です。
平成から令和にかけての10連休、私も小6次男坊もマルッと休みだったんで、本州にパラリラ君で旅行することにしました!

今回はどんなルートで何をしていたかご紹介だよ^^

先生楽しいかも

2人サングラスで出発〜^^ テンション上がりまくり!

パラリラ君で釧路から一路苫小牧東フェリーターミナルへ

釧路からは本州行きのフェリーが出ていないんで、今回は苫小牧〜敦賀港に行く新日本海フェリーを予約。
連休初日の4月27日(土)の昼ごろ釧路を出発して、一路苫小牧東フェリー乗り場へ〜。

先生楽しいかも

高速乗って282km。4時間4分って書いてあるけど、休憩しながら5時間で到着^^

27日(土)23:30発 翌4月28日(日)20:30着の便。
20時間航行だよ。

先生楽しいかも

外を見てるだけでもご機嫌だった^^

小樽・苫小牧〜敦賀・舞鶴便は「すずらん」か「すいせん」って言う船なのだけど、私たちが乗ったのはすずらん。
内装がすごく豪華だった。

写真撮影スペースもあるのだ。(笑)

そのほかにもジャグリングのパフォーマンスや、似顔絵を描いてくれるスペースもあって、飽きないようにいろいろ工夫されてるの。

でもね、それ以上に船旅に価値があるのは、、

何もできないこと!

船旅の価値は

インターネットはもちろんだけど、テレビが繋がらない時間帯もある船。
その時間は、もしかしてすごく贅沢な時間かもしれない。

実際、私も次男坊といっぱい話しをしたし、ゆっくりお風呂や睡眠をとって身体を休めることもできたの。
普段忙しい中ではできないこと。どこにも行けない、どこともつながれない、やりたいことをいい意味であきらめざるを得ない時間。
それが、心をリセットするのにいいんだな〜。

ぐっすり寝て、ゆっくりご飯を食べて、ゆっくりお風呂に入る。
(すずらんには大浴場、露天風呂もあったよ)
甲板に出て、海風に当たる。

それって忙しい毎日では、なかなか作れない時間かもしれない。
20時間だけど、いい時間だったよ。

(船には、DVDレンタルや映画鑑賞、カラオケルーム、スポーツ施設、ゲームコーナーなんかも整備されてるんで、楽しみもたくさんあるよ。^^私たちは使わなかったけどね。)

私たちが使った新日本海フェリーのHPはこちら。
ネットで予約できます^^

新日本海フェリー

 この記事の投稿者

篠木麻希

23年間の小学校教員時代、毎日忙しすぎて、頭の中がパニック! そんな状態から抜け出したくて、編み出したのがしあわせフセン術。 現在は某大学で教えながら、フセン塾の活動をしています。 好きなこと: 旅行(国内、海外)、美術館巡り、文房具、バイク、和風のもの。 好きな食べ物: お好み焼き、焼きそば(関西出身ですから〜) 出身:奈良県奈良市 今の住所:北海道釧路市 家族:夫と2人の息子(22歳と10歳)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0 follow us in feedly

メッセージ

入力エリアすべてが必須項目です。
メールアドレスが公開されることはありません。

*コメント

*名前

しあわせフセン塾の個人情報保護方針はこちらから

ページ最上部へ