あの人、言ってることが通じないんです!

相手と言葉を合わせてみよう。
意味を合わせてみよう。
それだけで思いが伝わるようになる。

こんにちは!短大の美術教師で臨床心理士の篠木です。

10連休、途中から長男と夫が合流しました。
留守の家は夫の弟さんにしっかり守ってもらって、自分たちは本州です^^;
(お土産たくさん買って帰るので、よろしくです〜)

んで、今日は名古屋から長野県は白馬まで移動。
私は運転を代わってくれる人ができて大喜び!

・・・・・なはずなんだけど・・・・・

なんで違う所に向かうのーーーーーー?
そこは左折って言ったじゃん!!!

ってことがあってすご〜いストレスだったのだ。(^_^;)

どうして伝わらないのか?

こんな風に、相手に伝えたい事が伝わらず困ったことってない?
こっちは一生懸命説明しているのに、相手は全然そうは受け取らない。
平気で違うことをしたり、「何、言ってるの?」という表情で見てきたり。
なんで、伝わらないのーーー!


これってね、実は

「その人には、その人の世界がある」 

からなんだな。

 

言われると、当たり前なんだけど、その人にはその人なりの考え方や思い、言葉の使い方があるわけなのよ。

そして、当然、私には私の考え方や思い、言葉の使い方がある。

なので、例えば同じ言葉を使っていても、相手と自分は違う意味で捉えている、ということが、往々にしてあるわけ。

例えば、「すぐ行くから」って言われた時、すぐって何分だと思う?

3分?10分?もしくは30分?

隣の人に聞いてみて。食い違ってることがあるかも(笑)
ちなみに私は15分くらいなら、「すぐに」の範囲かな〜^^
どう?同じだったかしら。

こんな風に、同じ言葉を使っていても、その程度や意味が違うことって往々にしてある。
そういえば、先日「噂のケンミンショー」で京都の人が「お茶、もう一杯いかが?」って言われたら「そろそろおいとましてほしい」って意味なんだって言ってた。
これ、京都に住んだら知らないと大変だよね〜^^;

だから、言いたいことが伝わるためには、相手の文化圏を知るってことなんだと思うんだ。
自分が相手の文化圏の意味合い、言葉で伝えると、共通言語になるわけね。

共通言語を見つけるためには、質問してみればいい。
「ちょっとってどれくらい?」とか、あと、その人の小さい頃の話とか、プライベートな会話から分かることも多いかもしれないね。

ちょっとこの人と言葉が通じないなあ〜って思ったら、その人が使う言葉や意味に合わせて話してみよう。それだけで伝わるようになってくるよ。

先生楽しいかも

この人と、言葉が通じ会える日が来るのか?笑

 

うちの短大のゼミ生たちが子どもたちと遊ぼうと企画した「木のおもちゃで遊びませんか?」。
5月12日、釧路市は新橋大通6丁目ビルで開催されます。
よかったら遊びに来てね〜。

詳細はこちら
5/12(日)木のおもちゃイベント開催!

 この記事の投稿者

篠木麻希

23年間の小学校教員時代、毎日忙しすぎて、頭の中がパニック! そんな状態から抜け出したくて、編み出したのがしあわせフセン術。 現在は某大学で教えながら、フセン塾の活動をしています。 好きなこと: 旅行(国内、海外)、美術館巡り、文房具、バイク、和風のもの。 好きな食べ物: お好み焼き、焼きそば(関西出身ですから〜) 出身:奈良県奈良市 今の住所:北海道釧路市 家族:夫と2人の息子(22歳と10歳)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0 follow us in feedly

メッセージ

入力エリアすべてが必須項目です。
メールアドレスが公開されることはありません。

*コメント

*名前

しあわせフセン塾の個人情報保護方針はこちらから

ページ最上部へ