そもそもこのねらいで合ってるんですか?指導案をサクサク書くコツ④

保育者のあなたに

ねらいがあっているかは、この本を見て確かめよう!
幼稚園教育要領、保育所保育指針が基準だよ〜。

指導案を書いてるとね〜、だんだん自信がなくなってきて、「そもそも、このねらいって正しいの?子どもにあってるの?」って思ってきちゃうの。
(大丈夫、みんな通ってきた道だから笑)

先生方から直しが入ると、どんどん凹んでいくし、どうしていいのかわからなくなっちゃうんだよね。
すると大元の「ねらい」すら間違ってるんじゃないかと思い始める、、。
そんな悩める保育者さんに力強い味方をご紹介するよ!

幼稚園教育要領、保育所保育指針は保育者のバイブルだ!

文科省から出されてる「幼稚園教育要領」、厚労省から出されてる「保育所保育指針」。
最近は認定こども園化が進んでいるから、「幼保連携型認定こども園教育・保育要領」ってのも出てる。

これは何かというと、幼稚園や保育所、認定こども園でどんなことを子どもに体験してもらいたいか、どのような成長を促していくか、なんかが書かれているのね。
大学で学んでいるけれど、「幼児期の終わりまでに育ってほしい10の姿」も載ってる。

ちょっと長いけど、解説はすごく丁寧に書かれているの。
幼稚園教育要領解説

保育所保育指針

最近は認定こども園化してきていることもあって、幼稚園教育要領と保育所保育指針は文言が似てきてるのね。だからとりあえず、どちらかでもいいので目に通してほしいのさ。

めんどくさいかもしれないけど、これが保育の基準になってる。
だから、迷ったり不安に思ったりした時に、この2冊にたちかえればいい。

保育所保育指針は「乳児期」「1歳以上3歳未満」「3歳以上」なんて年齢別に、「こういうことを体験させて」って書いてあるから、読んでみて。

先日、砂場遊びを講義でしたけど、「水、砂、土、紙、粘土など様々な素材に触れて楽しむ。」とか「安全で活動しやすい環境での探索活動等を通して、見る、聞く、触れる、嗅ぐ、味わう などの感覚の働きを豊かにする。」なんて書いてあるから。

こんな風にたまにでもパラパラ読んでると、子どもたちにどんな体験を提供すればいいか、ねらいをどうすればいいかがわかってくる。

文字ばかりで嫌なら、イラスト入りで解説してる本もあるから、手に取ってみてね。

イラストたっぷり やさしく読み解く 保育所保育指針ハンドブック (Gakken保育Books)

イラストがたくさんあってわかりやすいよ。

 

質問あったら、学生さんは私の研究室にきてね。^^
もし短大の学生じゃないけどこのブログを見て質問があったら、私のツイッターにコメントしてください。お返事しますよ〜^^

私のツイッター「篠木麻希@短大の美術の先生(幼児教育学科)

 この記事の投稿者

篠木麻希

23年間の小学校教員時代、毎日忙しすぎて、頭の中がパニック! そんな状態から抜け出したくて、編み出したのがしあわせフセン術。 現在は某大学で教えながら、フセン塾の活動をしています。 好きなこと: 旅行(国内、海外)、美術館巡り、文房具、バイク、和風のもの。 好きな食べ物: お好み焼き、焼きそば(関西出身ですから〜) 出身:奈良県奈良市 今の住所:北海道釧路市 家族:夫と2人の息子(22歳と10歳)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1 follow us in feedly

メッセージ

入力エリアすべてが必須項目です。
メールアドレスが公開されることはありません。

*コメント

*名前

しあわせフセン塾の個人情報保護方針はこちらから

ページ最上部へ