「やればできる」って言う人に今一番必要なもの

やればできるんです、私。
ただ、まだちょっと準備中で。
上手くできるか不安だから、練習して
できるようになったら、みんなに披露しようと思ってます。

って思い続けてどれだけ経つのかな〜?
こんばんは〜フセン心理士、篠木です。

今日はマンガの一コマから。

小山宙哉著「宇宙兄弟」

小山宙哉著「宇宙兄弟」

実写にもアニメにもなって、マンガも超有名な「宇宙兄弟」。宇宙飛行士になることを夢見る兄弟の話。できのいい弟と、夢を諦めてるお兄ちゃんの設定から始まるお話。

このページは、第1巻のシーン。先生が兄に、こうつぶやく。

宇宙兄弟

音を出さなきゃ音楽は始まらないのよ

上手くなくてもいいし
間違ってもいいのよ、ムッタ
まずは音を出して

音を出さなきゃ
音楽は始まらないのよ

 

クーー!この言葉に聞き惚れ、、いや読み惚れちゃいました。

そうなんだよね、上手くできるようになったら、自信がついたら、周りが認めてくれるようになったら、お金ができたら、、、

それが「できるようになったら」と思い、音を出さないでいると、いつまでも音楽は始まらない。一つでも、少しでもいいから行動しないと、実際にできるようにはならないんだよね。

じゃあ、なんでやらないの?

もしかしたら、「やったらできる」って思って、やらないでいるのかもしれない。
実際にやり始めたら、「思ったよりできない」ってわかるのが怖いかもしれない。
だから、やればできるって幻想だけを持っていたいのかもしれない。

でもさ、それだと結局できないままなのよ。できないって、上手くやれないって自覚して、それからまた一歩踏み出すことしかできないんだ。

その「できない自分」を受け止めて進むことが、今必要なのかもしれないね。保存保存

保存保存

 この記事の投稿者

篠木麻希

23年間の小学校教員時代、毎日忙しすぎて、頭の中がパニック! そんな状態から抜け出したくて、編み出したのがしあわせフセン術。 現在は某大学で教えながら、フセン塾の活動をしています。 好きなこと: 旅行(国内、海外)、美術館巡り、文房具、バイク、和風のもの。 好きな食べ物: お好み焼き、焼きそば(関西出身ですから〜) 出身:奈良県奈良市 今の住所:北海道釧路市 家族:夫と2人の息子(22歳と10歳)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0 follow us in feedly

メッセージ

入力エリアすべてが必須項目です。
メールアドレスが公開されることはありません。

*コメント

*名前

しあわせフセン塾の個人情報保護方針はこちらから

ページ最上部へ