物事がうまく行かないのは自分の能力がないから?

おはよーです。

最近ね、うまくいかないことがあって。
例えば体調。もともと体力のある方じゃないんだけど、仕事が詰まってくるとこなせないのよ。頭はどうにかしたいって思ってるのに、体がついてこない感じ?

 

あとね、予想してたことが予想通りに行かない。ない頭ひねっても改善策が見つからなくてあせる、とか。

 

そんな時は、自分を責めちゃうよねーーー!
なんで自分ってこうなのーーーー?周りはもっとうまくやってるのに、成功してるのにーー!ってさらに凹む。


そんな時に思い出すのが、以前知り合いから教えてもらった、
「物事には失敗は存在しない。あるのはフィードバックのみ。」
という言葉。


これ何かと言うと、「うまく行かない」のは

「私がダメ」なのでもなく
「私が失敗した」のでもなく
「上手く行かない方法を見つけた」というもの。

今回のやり方はうまく行かなかった。なら次は何をすればいいか、どこを改善すればいいか、そんな風に視点を変えていくってこと。

 

そういえばね、教師時代に保護者の方から苦情をもらうことがあってね。その時は「私は教師としてダメダメだ。能力不足なんだ。」って落ち込んでたわけ。でもね、同僚の先生の同じ状況を聞いた時に、「それ、お母さんに教師が責められてるってことじゃなく、お子さんの成長の為にどうしたらいいか?って話し合いたいんじゃない?」って気づいた。

「自分が悪い」って思ってると自己嫌悪になるし、自己防衛にも走っちゃう。
でも、「この問題の改善点はどこにある?何が課題?」って「自分」を外すと、物事を冷静に判断できるようになってくるんだな。


よくエジソンが、電球を発明するまでに1万回(諸説あり)の失敗をして

「わたしは、今までに、一度も失敗をしたことがない。電球が光らないという発見を、今まで1万回したのだ」

って言ったってのは有名。


「1万回と比べたら、まだまだ挑戦、足りないかもね~」と思えたらしめたものだし、
1万回自分が失敗したと思うより、1万回の光らないやり方を明確にしたって思うとちょっとやる気でるよね。

そんな風に思うと、何かうまく行かない時は、

「自分」を外して考える

のがいいかと思うんだけど、どうかな?^^

 

 

 この記事の投稿者

篠木麻希

23年間の小学校教員時代、毎日忙しすぎて、頭の中がパニック! そんな状態から抜け出したくて、編み出したのがしあわせフセン術。 現在は某大学で教えながら、フセン塾の活動をしています。 好きなこと: 旅行(国内、海外)、美術館巡り、文房具、バイク、和風のもの。 好きな食べ物: お好み焼き、焼きそば(関西出身ですから〜) 出身:奈良県奈良市 今の住所:北海道釧路市 家族:夫と2人の息子(22歳と10歳)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0 follow us in feedly

メッセージ

入力エリアすべてが必須項目です。
メールアドレスが公開されることはありません。

*コメント

*名前

しあわせフセン塾の個人情報保護方針はこちらから

ページ最上部へ