やさしさを味にしたら?

こんにちは〜フセン心理士篠木です。

先日ね、ツイッターを見てたらこんな投稿があったの。

 

自分の味がお母さんの味になってるってなんか素敵でしょ。
お袋の味っていうのか、自分が1番安心できる味なんじゃないかな。

今井さんのブログはこちら
幸せあふれる自分に♡食の幸せを育む今井幸恵ブログ

そう思ったら、なんかね、お料理ってやさしさを形にしたものなんだなあ〜て感じたの。
やさしさの味ってきっと人ぞれぞれなんでしょうね。私は思い出すとオムライスおにぎりの味かな笑まあ、自分も母になって、息子たちに拙いながらもお料理をしたりするんだけど、やさしさを込めて味つけって考えてなかったなあ〜。

あなたのやさしさの味ってなんですか?
今日も素敵な1日を。

#しあわせフセン

旧ブログから書いてる「今日のフセンメッセージ」。何かの折にそのメッセージが目に入った時、ホッと安心したり、元気を出してもらえたらなあと思って配信しています。ピンとくるメッセージがあったらフセンに書いて、手帳やノートに貼ってみたりスマホの待ち受けにしてみてね。あなたが元気になるメッセージがありますように。^^

 この記事の投稿者

篠木麻希

23年間の小学校教員時代、毎日忙しすぎて、頭の中がパニック! そんな状態から抜け出したくて、編み出したのがしあわせフセン術。 現在は某大学で教えながら、フセン塾の活動をしています。 好きなこと: 旅行(国内、海外)、美術館巡り、文房具、バイク、和風のもの。 好きな食べ物: お好み焼き、焼きそば(関西出身ですから〜) 出身:奈良県奈良市 今の住所:北海道釧路市 家族:夫と2人の息子(22歳と10歳)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0 follow us in feedly

メッセージ

入力エリアすべてが必須項目です。
メールアドレスが公開されることはありません。

*コメント

*名前

しあわせフセン塾の個人情報保護方針はこちらから

ページ最上部へ