キングダム信の人気の秘密

突然だが、「キングダム」という漫画はご存知か?
現在49巻まで単行本になっている超人気漫画。中国は春秋戦国時代の話で、戦争マンガなのだが登場人物の人間性やリーダー性などがすごく魅力的で特に男性に人気なのだ。

その中に出てくる主人公「信」。今日の話題は彼。
この漫画の中では1位2位を争う超人気キャラ。下僕(いわゆる奴隷)から将軍になっていく過程が描かれていて、正に逆境からの成功、ドリームズカムトゥルーを彷彿させるんだが、何より彼の天真爛漫さや、バカ正直っぷり、純粋さに読者は魅かれるのだと思う。

つり目が印象深い彼。少年から青年へ成長して行く。 ※原泰久著ヤングジャンプ「キングダム」より。

 

今日は、信の魅力がどこからくるのか、心理士の視点から交流分析を使って考えてみた。

交流分析って?

交流分析とは、1957年、アメリカのエリック・バーンが体系化した人間の交流や行動に関する理論体系で、心理臨床や学校や会社などで広く使われている精神分析である。自己理解や治療だけでなく対人関係を円滑に進めたり、チーム作りにも使えるんだな。

交流分析は人の自我状態を3つ(細かくは5つ)に分類している。
それは、CP(厳しさ)、NP(優しさ)、A(客観性)、FC(自由さ)、AC(順応さ)。50問の質問に答えることで、これら5つの自我状態の多い少ないが数値で出て、その人の性格や今の心理状態がわかるんだ。

で、勝手に信はこうだろうと質問に答えて出た結果がこれ。ちなみに今回は、若い頃の信をイメージした。

参考にさせてもらっている芦原睦監修 講談社「自分がわかる心理テストpart2」によると、このグラフになる人は

「我が道を行く。でも協調性もプラスしよう」だそうだ

 

「自信にあふれたゴーイングマイウェイの人。遊び心が豊富で人生を自由に楽しんでいる。厳しい面と優しい面も適度に兼ね備え、そこそこ現実的に物事を見ることもできる。ただ、自由奔放なのは良いが、協調性(低いACから)が低いので、人とのトラブルを起こしやすい。」

 

となってる。そういえば若い頃は相手が年上だろうが、将軍だろうが構わず自分の意見を言ったり、戦場で勝手に走り回ったりしていた信。だが、そんなところを歴代将軍たちはある意味かわいいと思い、その破天荒ぶりに可能性を見出していたのではなかろうか。そしてその姿、たまにボケたり、少年のような純粋さに私たち読者は魅かれているに違いない。

 

そう考えると、信って戦国時代に生きるやんちゃ坊主のアイドルって感じなのかもしれない。だから歴代の大将軍たちにかわいがられ、出世して行く中で部下の話も聞いていき(つまりACの値を伸ばして行き)五千人のリーダーに育っていく。

ちなみに前回、人気No.1の王騎将軍を分析したのがこちら
キングダム王騎将軍とドクターXの共通点

アイドルってことで、信を聖子ちゃんカットにしてみた〜^^
ツリ目キャラには合わないね(^◇^;)

 

交流分析という心理分析を最近やっていて思うのは、それぞれの仕事や家族構成、集団の中の立ち位置によって、分析結果の活かし方が変わってくるということ。個人事業主で一人で仕事をしているのか、会社の経営者なのか、家族内での役割が何なのかで、同じ分析結果でもそれをどう捉え、どう活かしていくかが変わる。もし、自分の状況が知りたい、今の職場や家族とどう関係を持てば良いか知りたいと思ったら、夕日セッションや個人セッションで交流分析をやっているので、こちらからどうぞ。^^

夕日セッションはこちら

個人セッションはこちら

 

 この記事の投稿者

篠木麻希

23年間の小学校教員時代、毎日忙しすぎて、頭の中がパニック! そんな状態から抜け出したくて、編み出したのがしあわせフセン術。 現在は某大学で教えながら、フセン塾の活動をしています。 好きなこと: 旅行(国内、海外)、美術館巡り、文房具、バイク、和風のもの。 好きな食べ物: お好み焼き、焼きそば(関西出身ですから〜) 出身:奈良県奈良市 今の住所:北海道釧路市 家族:夫と2人の息子(22歳と10歳)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0 follow us in feedly

メッセージ

入力エリアすべてが必須項目です。
メールアドレスが公開されることはありません。

*コメント

*名前

しあわせフセン塾の個人情報保護方針はこちらから

ページ最上部へ