うっかり忘れるんです!

フセン術

毎日やることいっぱい。どんどん次の仕事が入ってくるからどんどん忘れて行っちゃう、、(T ^ T)

こんばんは〜頑張る女性リーダーのお助け人、フセン心理士篠木です。

人は、一度にたくさんのことを覚えて処理しているのね。
それをワーキングメモリといったり、作業記憶、短期記憶と言ったりするの

例えば、
帰りにスーパーで何を買うかとか、
明日の仕事の段取りとか、
重要な会議の内容とか、
週末に行く映画の時間とか。


重要な事も、雑用も、全部同じように、脳に詰め込んでいるんだよね。


そんなたくさんの事で頭の中がいっぱいいっぱいになっていると
当然、他のことなんて考えられなくなるよね。そして大事なことをうっかり忘れて頭真っ白、顔真っ青!になったりして。(笑)

なので、毎日やること多くて忘れちゃう!って思っているなら、脳みその中を整理した方がいいかもね。もしかしたら、雑用(つまり重要じゃない事)で頭の中、いっぱいにしているかも知れないかも。



ワーキングメモリって実は、容量があるのよ。机に例えてもらうと分かりやすいかな。

机って大きさ決まってるでしょ。そこにいっぱい乗ってると、どこに何があるかわからなくなるじゃん。で、さらに詰め込むと、端っこにあるものが落ちたりするよね。その落ちたやつが「うっかり忘れ」ってこと。笑


その落とした内容、雑用だったら、「あ〜忘れてた」と2度手間になるけど、もしも
大事な事柄だったら、しゃれにならないことにもなる。





なので、フセンを使ってみたら〜?っていうのが今日の提案。


フセンにとりあえず、頭の中に入っている事をどんどん書き出してみよう。

スーパーで買う物も、
仕事の段取りも
会議で何を話すかも
映画の時間も

どんどん思いつくまま書き出していく。すると頭の中から吐き出されていくから、脳みその中に空きスペースができてくるのよ。

でね、書き出して目に見えるようになっているから、フセンの中から本当に重要な事柄と雑用を分けよう。


雑用フセンは、すぐ終わりそうなものは手をつけて終わらせちゃう。今難しいものはスケジュール帳にはって、他の用事と合わせたりして効率よくさばいていく。腰をあげれば意外とあっという間に片付いたりするから、いかに頭ん中に入れてぐるぐる回してたかって実感するかも。^^

でね、雑用(あまり大事ではなくこと)をフセンに管理してもらうことで、頭の中のワーキングメモリに余裕ができるよね。そうすると、重要なことをじっくり考えたりすることができるようになるの。フセンにかくことで、頭の中に余裕ができて、雑用をこなすことで心にも余裕ができてくるよ。

「忙しい〜忙しい〜」って思ってても、いざ書き出すと「あれ?これだけ?」ってこともある笑。見えないところでぐるぐる考えてるだけで実は何にも進んでないってこともあるから、「忙しい」「忘れちゃう」って思ったらフセンに書き出してみてね。

こんな風に1週間ごとに書き出してもいいかも!

 

 この記事の投稿者

篠木麻希

23年間の小学校教員時代、毎日忙しすぎて、頭の中がパニック! そんな状態から抜け出したくて、編み出したのがしあわせフセン術。 現在は某大学で教えながら、フセン塾の活動をしています。 好きなこと: 旅行(国内、海外)、美術館巡り、文房具、バイク、和風のもの。 好きな食べ物: お好み焼き、焼きそば(関西出身ですから〜) 出身:奈良県奈良市 今の住所:北海道釧路市 家族:夫と2人の息子(22歳と10歳)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0 follow us in feedly

メッセージ

入力エリアすべてが必須項目です。
メールアドレスが公開されることはありません。

*コメント

*名前

しあわせフセン塾の個人情報保護方針はこちらから

ページ最上部へ