カウンセラーになりたいんだけど、冷静な判断ができないんです!

カウンセラーになりたいんだけど、相手の気持ちに寄り添いすぎて、冷静に判断できないの〜泣これじゃあ、カウンセラー失格だよね、、。

他人の思考や目線を入れて考えてみよう。
◯◯さんなら、どう考えるか、どう判断するか、どんな言葉をかけるか?

こんばんは〜悩める女性リーダーのお助け人、篠木です。
最近、愛車パラリラ君では、「夕日セッション」って言って、海沿いで夕日を見ながら、カウンセリングセッションをしてるの。

釧路って知ってる?世界三大夕日って言って、すごく夕日がきれいなの。

こんな感じ〜。素敵でしょ。

 

カウンセリングって、通常は相談室とかでやるでしょ?それも悪くはないんだろうけど、四角い箱の中でやるのと、自然の中でやるのとでは、場の雰囲気が違うんだよね。大自然の移り変わりを見てるだけで気持ちが癒されたり、違う視点で物事を考えられたりする。

でね、今回乗ってくれた方は将来カウンセラーとして独立すべく今勉強中なんだけど、クライアントさんに感情移入しちゃって冷静な判断ができないって悩みだったの。

彼女にエゴグラムをやってもらった

パラリラ君の中では、彼女自身に交流分析って言って自我状態を見てもらったの。その結果がこれ。

(詳細は個人情報のため、出してません。雰囲気だけみてね)

うん、確かに冷静な判断をするA(大人)の部分が低い。彼女との会話の中でも、愛情たっぷりに寄り添えるNP(母親的要素)や責任感(父親的要素)はバッチリあるけど、「このクライアントさんをどうにかしてあげなきゃ」って思いが強いのかもしれないって印象だった。

でね、こう聞いたの。

「尊敬してるカウンセラーさんはいますか?」って。

すると、彼女が今学んでいる所のお師匠さんを尊敬してるんだって答えだった。

自分の思いに、他人の視点を入れてみよう

「じゃあ、そのクライアントさんの悩みに、師匠ならどう答えるか?って考えたら?」って伝えてみた。実はこれが他者目線の入れ方。「あの人だったら、どう考えるだろう?」「◯◯さんだったらどういう風に返事をするかな?」そんな風に考えるだけで自分の視点と、自分以外の人の視点が入ってくるでしょう?

この誰かは、身近な人じゃなくてもいいの。故人でもいいし、歴史上の人物でもいいし、漫画や映画の登場人物でもいい。「あの人ならどう考える?」って思えばいい。

 

私も時々迷ったら数人に登場してもらう。
例えば「レオナルド・ダ・ビンチ」。破天荒な考えをしそうだから、思考の枠を取っ払ってくれそうでしょ。笑
他には「キューティーブロンド」って映画の主人公「エル」。とってもチャーミングで前向きな彼女はきっと色々な困難にへこたれないから、前向きなアドバイスをするだろうって思う。
最後は死んだおばあちゃんかな。いつも私を大事に思ってくれてたから、「無理せんでもええんよ〜。」って優しく包み込んでくれそうだもの。

ほら、これだけでも3人の他人の目を入れられる。そういう風にやっていくと自然と他者目線が入ってくるから一つの考えにどっぷりはまらなくてよくなるからね。

思いっきり共感してあげてもいいんじゃない?

そんなことをやりとりしてたんだけど、相手の気持ちに寄り添いすぎるって思うなら、それを生かしてもいいかもって思った。「共感カウンセラー」じゃないけど、

「いやー、わかるわーーー!」
「大変だよねーーー!うんうん!」

ってひたすら受け止めるカウンセリングでもいいのかもしれない。もしかしたら、クライアントさんは解決方法とかアドバイスとかが欲しいんじゃなくて、ただひたすら今の自分を受け止めて欲しいのかもしれないしね。ただひたすら聞いて、うんうんって受け止めて、本人がそれで癒されたり元気になったりするなら、それで十分カウンセラーの役目は果たしていると思うんだ。

カウンセリングとか、コーチとか、相談とかいろんな名前はあるだろうけど、結局はクライアントさんが癒されたり、元気になったり、一歩を踏み出せたりしたら方法はなんでもいいんだと思う。「彼女に聞いてもらいたい!聞いてもらったら元気になる!」って人が彼女とつながればいいな〜って思ったよ〜。

こんな感じでお茶しながらセッショーン。写真はイメージで事例の方ではないですよ〜笑

 

パラリラ君の夕日セッションの詳細は今夜また〜^^

 

 

 

 

 

 

 この記事の投稿者

篠木麻希

23年間の小学校教員時代、毎日忙しすぎて、頭の中がパニック! そんな状態から抜け出したくて、編み出したのがしあわせフセン術。 現在は某大学で教えながら、フセン塾の活動をしています。 好きなこと: 旅行(国内、海外)、美術館巡り、文房具、バイク、和風のもの。 好きな食べ物: お好み焼き、焼きそば(関西出身ですから〜) 出身:奈良県奈良市 今の住所:北海道釧路市 家族:夫と2人の息子(22歳と10歳)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0 follow us in feedly

メッセージ

入力エリアすべてが必須項目です。
メールアドレスが公開されることはありません。

*コメント

*名前

しあわせフセン塾の個人情報保護方針はこちらから

ページ最上部へ