仕事が楽しめないなら

こんばんは〜。
昨日は釧路で今年最後のエクスマセミナーがありました。

初めての受付業務。同期の白藤さんと。

お昼の買い出しに。言われたことを忘れないようにメモ!
フセンを出して書く余裕もなかった(笑)

 

最近のエクスマセミナーでよく言われる「経営は感性の時代」。
その中には、「ワクワクする」「なんとなくいい」「美しい」
「楽しそう」「ドキドキする」ってキーワードが。

最近、仕事をしていて、また商売をしている友人たちをみてて
やっぱり楽しそうにしている人に人は寄ってくると思うのね。

でもね、「楽しそうに仕事なんてできない」って話題もたくさん聞く。
特にエクスマの周りで言われるのは「SNSが楽しくない」ってこと。

 

「楽しい」って何?

「仕事を楽しく」「SNSを楽しむ」ってなかなかできないって言うけど
最初から「楽しい」ことは元々、自分と相性がいいものよね。
私の場合、漫画とか、アニメとか。なんの意識もなく楽しめる。笑

 

で、もう一つは、やり続けていくことで「楽しくなっていく」ってヤツ。
私、高校生の頃、一時マラソンにハマったことがあってね。
めっちゃ足遅いし、もともと体力ないし、学生の頃は太ってたんで陸上なんてないって思ってた。でもね、部活でどんどん走らされているうちにランナーズハイみたいなのを体験して、「あ、これ楽しいかも」って思ったことがある。

 

絵もね、描けば描くほど上手く描けないからすんごくストレス。(今もね)
だけど、描き続けていくうちにチーンと心が落ち着いていく瞬間があって、だんだん没頭していくんだな。この瞬間がすごく好きだったりする。

 

もう一つ、以前は食器洗いがすごく嫌いだった時期があって、そんな時は「何分で洗えるか?」ってタイムトライアルを始めたら楽しくなって来たってのもあるかな。

こんな風に、最初から楽しめないものも、やり方次第と続けていくことで楽しくなってくることもあるって実は今日思い出したの。なんでかってこの人たちと一緒にいたから。

知っている人は知っている、エクスマ創始者の藤村先生事務局の橋本さん
今日はご縁あって釧路空港までお送りしたの。ところが今日は風が強くて、羽田から飛んでくるANAが着陸できないのね。空港の上を何回も旋回してる。
藤村先生が飛行機の様子をリアルに見れるアプリを見せてくれて、橋本さんと3人で見てた。

飛行機が着陸しないと、折り返しの自分たちが乗る便は欠航。だから周りの人たちはイライラしてたと思うのね。
でも、この2人はそんな時でもめっちゃ面白がってる。飛行機がどのくらい旋回するかとか、どの方向から滑走路に入ればいいかとか好奇心いっぱいだし、「クレー(私)に送ってもらったから欠航だ!」とか人をいじったり、時間待ちにこの様子をツイートしたり、、。待ってる時間も、一見静かだけどニコニコしてるのね。

 

その時思った。
「楽しい」って作れるんだって。
この状況をどう面白くするかとか、どう楽しもうか、って思えばきっとそのヒントが出てくるんだな。苦手な仕事、やらなきゃと思う仕事があれば、ちょっと工夫することで楽しめるものになると実感したの。

何か楽しめないものがあって、それでも続けなきゃならないならどうしたら「楽しい」を作れるか考えてみない?

最後にお2人の様子を動画で撮ってみた〜。おじさん2人が静かに楽しんでる図。
よかったら見てね。

 

 この記事の投稿者

篠木麻希

23年間の小学校教員時代、毎日忙しすぎて、頭の中がパニック! そんな状態から抜け出したくて、編み出したのがしあわせフセン術。 現在は某大学で教えながら、フセン塾の活動をしています。 好きなこと: 旅行(国内、海外)、美術館巡り、文房具、バイク、和風のもの。 好きな食べ物: お好み焼き、焼きそば(関西出身ですから〜) 出身:奈良県奈良市 今の住所:北海道釧路市 家族:夫と2人の息子(22歳と10歳)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0 follow us in feedly

メッセージ

入力エリアすべてが必須項目です。
メールアドレスが公開されることはありません。

*コメント

*名前

しあわせフセン塾の個人情報保護方針はこちらから

ページ最上部へ