上司は厳しくいかないとダメなんです!

私、社長に抜擢されて、チーフになったのよ。
でもね、もともと上に立つようなキャラじゃないの。
けど、部下になめられるわけにはいかないから、厳しく接してるの。
それがリーダーってことでしょー?

 

こんばんはー悩める女性リーダーのお助け人、篠木です。
私、最近「キングダム」って漫画にハマってるんです。


                                                   ※1

「キングダム」って原泰久さんが作者で男性にすごく流行ってる漫画。中華統一の壮大なストーリーが展開されててただいま48巻まで出てる。

友人に「キングダム」で誰が好きー?って聞くと

                                                       ※2

主役の「信」とか

                                                    ※3

王騎将軍って人が多いんだよね。

特に王騎将軍は友人の男性陣一押しだったの。
強い男性像っていうか、めちゃめちゃかっこいいからね〜^^

でね、私が誰が好きかというと、、、

 

 

 

 

※4  


澤(たく)さんです!

この澤圭(たく けい)さん、めっちゃ弱そうでしょ(笑)
実際に戦争の時も伍長(戦争での最小チーム5人組のリーダー)なんだけど、頼りないから、誰もメンバーにならない。だからいつも余り物の人たちと伍(5人グループ)を組むんだよね。

澤さん、本当はすごいリーダー!

この澤さんと主役の信達で伍を作って戦争にいく。
戦争に行けば、当然たくさんの人たちが死んでいくのね。
その中で、澤さんのグループは、、、、

※5  

彼のグループは一人も死んでない!
それはなぜ?

 

それは、彼は自分たちのグループが弱いことを知っているから。

「弱者には弱者の戦い方があります」

彼はそう言い、弱いからこその戦い方を伝授する。
そして本当に、彼らのグループは誰一人死ぬことなく成果を収めるんだよね。

 

澤さんのすごいところはそれだけじゃない。
主役の信が斬られそうになったとき身を呈して助けるんだよ。

※6  

そして時には、主役の信が迷っている時に背中を押す。

※7  

すごいよーー澤さんすごいよーーー!
んで、戦争が終わったら、普通のお父ちゃんに戻って家族の元に帰っていく。
本当に普通のおじさんなんだよね。

澤さんにリーダー像を重ねてみる

こんな風に私、澤さんが大好きなんだけど、
澤さんみたいなリーダーって実はすごいと思うんだよね。

①自分たちのチームの実力を知っててその活かし方を分かってる。
②部下がピンチになったら、真剣に助けてくれる。
③部下が次のステージに行く時には背中を押してくれる。

決して強いわけじゃないし、カリスマ性もない。
言葉使いも柔らかいから周りにはなめられがち。
謙虚すぎて、自分自身はあまり上まで出世しないかも。

でもさ、こんな人の下で働けたらいいなあって思う。チームのこと、真剣に考えてくれるし、そして目標は失わないからね。

澤さんと王騎将軍の違いは何か

でさ、大人気の王騎将軍との違いはなんなのか考えた。
王騎将軍は一声で何十万という兵士を動かす。やる気も引き出す。ものすごいカリスマ性と実績で組織を創り上げていくんだよね。

思ったのは、集団の大きさなのかなってこと。
率いる組織が大きければ、王騎将軍のような統率力が必要なんだろう。でも、チームが5人とか10人くらいまでの小集団ならスタッフ一人一人に寄り添える澤さんみたいなリーダーが力を発揮できると思ったのよ。

 

トップに書いたような、「リーダーになったからには厳しくしなきゃ!」じゃなく、チームが少人数なら、自分らしい柔らかさを出しながら、それぞれのスタッフの力を引き出していければいいんじゃないかな。

 

にしても、澤さん好きだー!地味だけど好きだーー!
「キングダム」は週刊ヤングジャンプに掲載されてて、戦争シーンなんかは結構グロいシーン満載なんだけど、澤さんが気になったら読んでみてねーー!単行本も出てるよー!
キングダムのオフィシャルサイトはこちら
http://youngjump.jp/kingdom/

 

こんな感じでどう〜?強くないリーダーでもいいじゃない!^^

 

※1 原泰久著「キングダム」ヤングジャンプコミックス、週刊ヤングジャンプ、集英社
※2ヤングジャンプコミックス 14巻 p73
※3ヤングジャンプコミックス 14巻 p176
※4ヤングジャンプコミックス 5巻 p150
※5ヤングジャンプコミックス 6巻 p28
※6ヤングジャンプコミックス 14巻 p110
※7ヤングジャンプコミックス 12巻 p142

 この記事の投稿者

篠木麻希

23年間の小学校教員時代、毎日忙しすぎて、頭の中がパニック! そんな状態から抜け出したくて、編み出したのがしあわせフセン術。 現在は某大学で教えながら、フセン塾の活動をしています。 好きなこと: 旅行(国内、海外)、美術館巡り、文房具、バイク、和風のもの。 好きな食べ物: お好み焼き、焼きそば(関西出身ですから〜) 出身:奈良県奈良市 今の住所:北海道釧路市 家族:夫と2人の息子(22歳と10歳)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0 follow us in feedly

メッセージ

入力エリアすべてが必須項目です。
メールアドレスが公開されることはありません。

*コメント

*名前

しあわせフセン塾の個人情報保護方針はこちらから

ページ最上部へ