他人の評価が気になるんです!

その他人って誰?全ての他人の評価より
大事なのは自分で考えること。

こんばんは〜。先週はずっと東京方面に出張?研修?でした。
後半2日目は伊豆長岡で来年開催されるエクスマ劇の練習に〜。
(エクスマってなあに?と思われた方はこちら)
    https://www.ex-ma.com/blog/

さて、その劇練習の中、みんなで映画を見に行ったんです。


当日公開された「ザ・サークル」!
主人公の女の子がSNSの会社に就職して、SNSがどんどん進んでいく中で
情報の透明化が加速していくお話し。
まだまだ見てない人も多いから、内容は明かさないことにして、映画を見た後、見た人全員が感想を言い合ったの。
そしたら、みんな全然みる視点が違ってた。面白かったなあ。

SNSって怖いって印象を受ける映画だったけど、これって
馬車が自動車になって便利になったけど、交通事故があるように
SNSができて人とのやりとりがすごく便利になったけど、その分プライバシー侵害とか、誹謗中傷もひどくなってきたってこと。

 

ようは使い方次第。
相手に対する思いやりをどれだけ持てるか。
そして自分で考えるってことなんだと思う。


これだけ多種多様ですごい機能がついたツールが出てきてそれを誰でも自由に使えるようになった。
だからこそ、何を選んでいくか自分でしっかり決めてくことが大事。


同じ映画を見ても、美容師さんは俳優さんのヘアースタイルに気持ちがいくし
講師業の人は俳優さんのプレゼンが気になったりする。
女の子が好みだったって人もいるし、
ストーリーから映画の背景を推し量る人もいた。
同じものを見たのに、こんなにも違うんだね。

感想を聞いてて他人の評価も勉強になるけど、
自分がどう感じるか、考えるかを大事にしたいな〜って思ったの。
それが情報の波の中で、多種多様な価値観の中で生きてくコツかもって。

映画の中でも、主人公がたくさんの人とリアルタイムでやりとりしてる。
全部のコメントに対処するなんて不可能だって思ったよ。

 

周囲の評価が気になるとか、批判されたら嫌だって思っても
全ての人に受け入れられるなんて不可能だよね。
たった20人でもみんな考えてること違うから。
多分、誰一人として全てが同じ考えの人なんていないから。

「ザ・サークル」。気になったら見てみてね。


「いいね」つまり、誰かに受け入れられるために生きてる?

 この記事の投稿者

篠木麻希

23年間の小学校教員時代、毎日忙しすぎて、頭の中がパニック! そんな状態から抜け出したくて、編み出したのがしあわせフセン術。 現在は某大学で教えながら、フセン塾の活動をしています。 好きなこと: 旅行(国内、海外)、美術館巡り、文房具、バイク、和風のもの。 好きな食べ物: お好み焼き、焼きそば(関西出身ですから〜) 出身:奈良県奈良市 今の住所:北海道釧路市 家族:夫と2人の息子(22歳と10歳)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0 follow us in feedly

メッセージ

入力エリアすべてが必須項目です。
メールアドレスが公開されることはありません。

*コメント

*名前

しあわせフセン塾の個人情報保護方針はこちらから

ページ最上部へ