忙しい保育士さん達にフセンを

すごく遅くなってしまったのだけど、
9月に釧路市内の保育士さん達に向けてのフセン講座を開催しました。

50人ほど集まっていただいて、一番後ろのテーブルの方がとっても遠い。笑
教師時代は体育館に1000名相手にマイクなしで話していたこともあり、
今回は大声を張りあげながらの講座でした。
最近、大きな声を出す二ともなかっだので、たのしかったな〜^^


とっても遠い笑

保育士さんの大変さを助けるフセン術を

保育園には以前に何度かフセンで会議をさせていただいたり、保育士さんたちのチーム作り
をさせていただいたりしていたの。

保育士さんってとっても大変。

朝は7:0 0頃から出勤している人も多いし、
夜のお迎えが18:00以降だったりする。

そしてその後も職員室が避くまで明かりがついていることも多い^^;
土曜日も仕事デーなことが多いよね。
保育園によっては深夜とか、日・祝もやってたりする。
なので本当に日々、仕事に追われてるって、大変な仕事だなーって感じてた。

 

フセンワークは事前に打ら合わせをして、基本のスケジユーリングを中心に
ワークライフバランスをみたり、仕事やプライベートの優先顯位を決めて、
充実した時間を過ごせるようなワークをしました。

今回は、参加者の方が同じ職種ってことで、一っーっのワークが
保育園の仕事に特化したアプローチできて、しゃベってる方もとっても充実してました。

とっても仲良しな皆様

例えぱワークしたりシエアリングしたりしていると会場がにぎやかになってくるから
講師が次に進みたいと思っても中々気づいてもらえないのね。

で、教師時代に使ってた、
大声を出さずに子供たちの注目を教師に向ける方法を使ってみた。
すると後ろのグループもシェア(話し合い)を止めて振りむいてくれたの。

ベテランの先生たちはきっと知っているけど、
若い先生も多かったから、明日からの保育に使えるネタをいくつか人れることができて、
「よかったら明日から使って下さいねー」なんて話がもりあがったよ。

で、次の日に早速教室でそのテクを使ってくれた先生がいて、
「子供たちがちやんと集中してくれましたー」って。
うれしかったなあー^^

 

そんな感じで、同じスケジューリング講座なんだけど、
参加者の職種に合わせてどんどんマニアックにアプローチを
変えていく醍醐味みたいなものを感じました。

保育士さんが使えるフセンノートを

今回はいつものようにA3ワークシートと1 5 × 5 0mmのフセンを使ったけど、
保育士さんは「保育ダイアリー」というB6ノートを使っていることが多いらしい。

しかも小さい子と接触するから、鉛筆やぺンなんかを身につけてると危ないんだね。
なので、私がいつもビジネスバーソンさん達に言ってる、
名刺ケースにフセンとペンは仕事中は使えない^^;

 

なので今、保育ダイアリーを借りて、保育上さん達が使いやすい
フセンやフセンノートを考え中です。
試作品ができたら試しに使ってもらいたいっす。

 

とってもにぎやかに進んだ2時開。保育士さん達は明るくて
元気のいい人がいっばいでやってる方も楽しかったです。
フセンできたら持って行きますねー^^

これからもよろしくですー。

1部ではありますが、感想を掲載しますねー

次回は10月14日(土)兵庫県は芦屋でやるよ!
http://fusenjuku.com/1164/

 この記事の投稿者

篠木麻希

23年間の小学校教員時代、毎日忙しすぎて、頭の中がパニック! そんな状態から抜け出したくて、編み出したのがしあわせフセン術。 現在は某大学で教えながら、フセン塾の活動をしています。 好きなこと: 旅行(国内、海外)、美術館巡り、文房具、バイク、和風のもの。 好きな食べ物: お好み焼き、焼きそば(関西出身ですから〜) 出身:奈良県奈良市 今の住所:北海道釧路市 家族:夫と2人の息子(22歳と10歳)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0 follow us in feedly

メッセージ

入力エリアすべてが必須項目です。
メールアドレスが公開されることはありません。

*コメント

*名前

しあわせフセン塾の個人情報保護方針はこちらから

ページ最上部へ