気が弱いのに、部下を叱らなきゃならないんです!

こんばんは〜篠木です。

人と関わっていると
時には耳の痛い話をしなければ
ならない時があるよね。

職場だったら、上司として
部下に言わなきゃいけないことも多いでしょう。


私は気の弱い上司だったので(笑)
いつも苦言を言うときはドキドキしてました。

納得しないかもしれない
傷つけるかもしれない
睨まれたらどうしよう、、笑

そんな風に思ってたことも!🤣

 

でもね〜言わなきゃならない立場だし
放っておいたらどんどん悪くなるので
結局言うしかないのよ。

時にはあえて悪役を買って出るときもあったし。


人にマイナスなことを言うときは
流行りの「嫌われる勇気」を持てるかってことかな。


嫌われるのが怖い
みんなに受け入れられたい
いい上司って思ってもらいたい?(笑)


そんな風に普段考えていたら
これは結構なハードルだよね〜。


でも、そのハードルを超えたら
新たな関係ができるかもしれないよね。


もしかしたら、その部下との関係が深まるかもしれない
やり取りする中で新しいアイデアが出てくるかもしれない
部下の行動の意味に気付けるかもしれない

 

そう思ったら、苦言もコミュニケーションだよね。

部下に苦言を言うときのコツ

で、苦言を言う時にはコツがあって、

「○○したことはよくなかった。」と
行動改善を要求するのはいいんだけど、

「だから、お前はダメなんだ!」
って部下の人格を否定するのはダメね。

人格を否定すると、相手は反発するか凹むか、やる気なくすかで
「自分のために言ってくれた」って思わないからね。

苦言は、相手の改善や成長を促すためにするもの。
怒りをぶつけたり、ましてや八つ当たりするのはもってのほか。
上司として信頼されなくなるからね〜。

あ、気の弱い上司は「お前はダメだ」なんて言わないかもだけど笑

 この記事の投稿者

篠木麻希

23年間の小学校教員時代、毎日忙しすぎて、頭の中がパニック! そんな状態から抜け出したくて、編み出したのがしあわせフセン術。 現在は某大学で教えながら、フセン塾の活動をしています。 好きなこと: 旅行(国内、海外)、美術館巡り、文房具、バイク、和風のもの。 好きな食べ物: お好み焼き、焼きそば(関西出身ですから〜) 出身:奈良県奈良市 今の住所:北海道釧路市 家族:夫と2人の息子(22歳と10歳)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0 follow us in feedly

メッセージ

入力エリアすべてが必須項目です。
メールアドレスが公開されることはありません。

*コメント

*名前

しあわせフセン塾の個人情報保護方針はこちらから

ページ最上部へ