自分には才能がないんです!

才能がない凡人だからこそ、やれることがある!

黒執事エドワードから学んだよ!

こんばんは、篠木です。

自分の周りには奇抜な方や才能豊かな方

成功している方がたくさんいるんですね。

(あくまでも私の私見ね。当のご本人はどう思っているかはわかりませんが^^)

でね、そんな人たちを見ていて

自分って才能ないなあ、なんてたまに

劣等感に襲われる時もあるのですよ。

そんな時に読んだのがこれ、「黒執事」

今めっちゃハマってて、小4息子とずっと読んでる。

そこにね、エドワードっていう貴族の長男が出てくるんです。

お坊ちゃん、エドワード・ミッドフォード

この人10歳の時に、幼い妹に剣術でコテンパンにされる。

その時、自分に剣術の才能がないって気づくんだよね。

でもね、それで終わりかというと、

その天才の妹を手本にするわけ。

普通はさ、自分より才能がある人がいたら

もうそのことするの、やめようと思うじゃない。

自分のプライドが傷つくもんね。

でも彼はひたすら学ぶ。で、近づけるよう努力する。

対象は妹だけじゃなくて学校の同級生とか周りの人たち全部なんだよね。

そしてそんな彼を周囲の人たちは「天才」って

いつからか呼ぶようになるんだな。

自分は才能がないから

あの人は自分と違うから

彼だからできる

そんな風に思ってただ気持ちを沈めているなら

そのできている人たちを手本として

自分の近づきたい姿に向かってやることやろう

エドワードを見て、そう思いました。

そう、凡人なら凡人ができることやるだけなのよ。

「凡人のあなたができることは何ですか?」

 この記事の投稿者

篠木麻希

23年間の小学校教員時代、毎日忙しすぎて、頭の中がパニック! そんな状態から抜け出したくて、編み出したのがしあわせフセン術。 現在は某大学で教えながら、フセン塾の活動をしています。 好きなこと: 旅行(国内、海外)、美術館巡り、文房具、バイク、和風のもの。 好きな食べ物: お好み焼き、焼きそば(関西出身ですから〜) 出身:奈良県奈良市 今の住所:北海道釧路市 家族:夫と2人の息子(22歳と10歳)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0 follow us in feedly

メッセージ

入力エリアすべてが必須項目です。
メールアドレスが公開されることはありません。

*コメント

*名前

しあわせフセン塾の個人情報保護方針はこちらから

ページ最上部へ